マンションリフォームで間取りを変える場合の注意点

マンションリフォームの範囲はどこまで!?

マンションを所有している人が、マンションリフォームをするとします。この時にどこの範囲までリフォームをすることができるかが問題です。一戸建て住宅の場合であれば、自分の建物と土地に関して自由にリフォームをしても問題ありません。近所に迷惑をかけないようにするという点も重要ですが、基本的にその点をクリアしていれば、リフォームできる範囲は明確になっています。ですが、マンションのような集合住宅であれば、すぐ壁の向こうが隣の家ですので、リフォームの範囲が分かりにくいのです。リフォームをする場合は基本的に、コンクリート躯体の中だけとされています。コンクリート躯体とは、コンクリートに囲まれた部屋の中だけになりますが、基本的にベランダやバルコニーはリフォームの対象外になりますので注意が必要です。また窓のサッシの部分もリフォームの範囲内になります。そのため、勝手に新しくすることはできません。

間取りを変更する場合の注意点とは

マンションの間取りを変更するならば、基本的に部屋の中であれば変更は自由になります。これに関しては特に問題ないでしょう。問題があるとすれば近隣の住民に対してクレームが出ないようにすることです。工事をする場合には、工事車両を駐車する場所が重要になります。自分たちが持っている駐車場を貸すことができれば問題ありませんが、そうでなければマンションの敷地のどこかに駐車することになりますので、トラブルが発生しやすくなります。また、隣人や上の家と下の家の人達に音が響く可能性があります。事前にあいさつ回りをしっかり行っておきましょう。

マンションリフォームを千葉で依頼するにあたり、豊富な施工事例がある工務店に見積もり額を提示してもらうことが効果的です。