知っておいて損はない!相続税対策のあれこれ

相続税対策は早めに行おう!

相続税が少しでも減らせたら、ということは誰しも考えていること。しかし、相続が発生してから対策をたてても遅いのです。相続税対策は早くから行っておくのが安心です。では、節税対策にどんなものがあるのか見ていくことにしましょう。

こんなにある相続税対策の数々

生命保険を用いた対策生命保険の死亡保険金は、法定相続人×500万円までが非課税です。したがって、あなたに奥さんと子供さん2人がいれば、3人×500万円、つまり保険金のうち1500万円までが非課税となります。よって、保険金の額と法定相続人の人数を勘案しての生命保険加入は、有効な節税対策となります。生前贈与を用いた対策あなたが生きているうちに、財産を奥さんや子供さんに譲ることを生前贈与と言います。この生前贈与は1人につき110万円までが非課税です。つまり、あなたが亡くなる前に財産を譲り始めることで、相続税対策ができることになります。土地の評価額を下げる対策土地には、評価額に対して相続税がかかってきます。ですから、評価額を下げれば相続税を減らすことができます。評価額は、土地に賃貸住宅を建てることによって下げることができます。賃貸物件を購入する対策現預金は、全額が相続税の評価対象となってしまいます。なので、その場合は、生前に賃貸物件を購入しておきます。こうすると現預金に比べ、3割も評価額が下がり、大幅な節税ができます。

専門家にも相談しながら対策を講じよう!

相続税対策には様々な方法があります。現預金が多いのか、土地をたくさん所有しているのか、法定相続人は何人いるのかなど、個々の条件によって節税の方法は変わってきます。相続税に詳しい税理士などの専門家にも相談しながら、一番良い相続税対策を講じるようにしましょう。

相続税対策は被相続人になる人が、生きているうちから行うことが大切です。生命保険を利用して現金を残す、負債を作り相続額を減らす、持っている更地にアパートを建てるなどの対策が有効です。