マンション経営では家賃収入の税金に注意するべき

サブリースの賃料見直しに備えて

ローンで購入したマンションを経営する際はローンの支払いを確実に行わなくてはなりません。管理業務を管理会社に委託してサブリース契約をすると一定の賃料が入ります。しかし一定の賃料が確実に支払われるからといって余裕がまったくないローンの支払い計画を立てるべきではありません。契約当初はローンが支払えていても途中で築年数の経過により賃料の見直しで、支払われる賃料が引き下げになった時に余裕のないローンの支払い計画を立てているとローンの支払いができなくなります。そうなるとマンションを売却するしかなくなり、結果的に損失を出す事になるのでローンでマンションを購入する場合は特に注意が必要です。

兼業オーナーは家賃収入分の税金を考慮するべき

兼業オーナーの強みは本業の収入があるので、ローンでマンションを購入して家賃収入をローンの支払いにほとんど使うような状況でも生活ができる事です。しかしローンの支払いがある期間は家賃収入がローンで消えて手元に入らなくても収入として計算されます。その為手元に入る金額は今までと一緒でも実質収入が増加するので、税金の支払額が多くなります。この時に本業の収入があるからといって、マンションのローンの支払い額を毎月の家賃収入の額と同じくらいに額に設定してしまうと増額された税金を支払う余裕がなくなる事も考えられます。そのような事態になってマンションを手放す事にならないように、家賃収入による税金の支払いが問題なくできる計画を立てていく事が大切です。

マンション経営をおこなう際は空室リスクに気を付ける必要があります。空室率が高くなり過ぎるとローン返済不能になる可能性もあるためです。