ペット可物件は慎重に選ぶ必要アリ!?犬と猫が分離されている理由を知る

ペット飼育可能物件は大家の考え方を聞いておく

ペット可としている部屋を借りる際には、原状回復費用について詳細に説明を受けることが大切です。一般的な部屋よりも、原状回復費用が高額に設定されている可能性があります。ペット飼育を行なう際に、個体差が出てしまうので、ある程度鳴き声に対する対策は必要となるでしょう。実際に、大家にペット飼育可能としている理由を聞いて、納得した上で借りることが大切です。大家がペットを飼育していて、入居者にも同じ考え方を持った人に入って欲しいと考えているならば、優良物件の可能性が高いです。しかし、空室率が目立つようになったことから、アパート経営のためになし崩し的にペット可としているケースでは、入居者同士のトラブル発生時に間に入ってもらえる可能性は低く、管理会社任せとなるからです。

猫を飼育可能な賃貸物件には要注意

部屋を探している際に、犬のみ可または猫のみ可とペットの種類が指定されている場合があります。なぜペットの種類をしているのか、内見時に確認してみると良いでしょう。特に気をつける必要があるのは、猫を飼育可能としている賃貸物件です。近隣住民とのトラブルだけでなく、放し飼いとする入居者が出てくるので、ベランダに洗濯物を干しておくことが難しくなるケースが見られます。犬のみ可であれば、鳴き声以外のトラブルはほとんど無いので、安心して住めるでしょう。猫を飼育可能としている賃貸物件は、管理規約で厳しく制限されていることを確認した上で入居しなければ、トラブルを避けて通れないと覚悟しておく必要があります。

旭川の賃貸は、マンションやアパートなどをはじめとして豊富な物件があります。中でも、インターネットが使いたい放題などのこだわりの物件も見つかります。