失敗しない賃貸物件の探し方!?2つのアプローチをしよう

相場検索に不動産屋を利用する

長く住みたいと思える部屋は、地域ごとに相場がある程度決まっているので、相場よりも割安か契約条件が特に良い場合に優良物件として人気が高まります。地域の相場を知るためには、駅前にある不動産屋を利用すると良いでしょう。なぜなら、駅前の一等地にある大手不動産屋チェーン店では、地域の不人気物件を集中的に案内してもらえるからです。不思議に思えるでしょうが、入居者募集をしても何らかの問題があり空室が長期間埋まらないと、賃貸経営に支障が出るので大家は不動産屋に広告費を積み増しして宣伝してもらいます。成約すれば多額の広告費が入る部屋から順番に店頭では案内をして行くわけです。適当に条件に近い部屋を見せて成約すれば、不動産屋は大儲け出来る仕組みです。

優良物件を引き出す不動産屋は別にある

2ヶ月程度かけてじっくり探せる場合には、駅前の大手不動産屋で粘ることも出来ますが、仕事をしながら転居先を探すのは難しいでしょう。優良物件を比較的簡単に見せて貰えるののは、地元の小さな不動産屋だと知っている人もいます。相場感を把握したら、地元の不動産屋を数軒回って非公開物件を見せて貰えたらチャンスです。専任媒介契約を行っている部屋を見せて貰えれば、他の不動産屋では紹介されない優良物件なことが多いので、一度内見をして良ければ契約しても問題ないでしょう。一般媒介契約の部屋は不動産屋同士のネットワーク上に掲載されている物件が多いですが、専任媒介契約の部屋は案内を受けている不動産屋のみが取り扱えるので、他の不動産屋には出回らない情報です。

新札幌の賃貸物件をお客様が求める立地条件や家賃等の様々な条件により細分化して、多様な賃貸物件の中からベストな物件を選んでいただきます。